院長ブログ

国生み

投稿日:2012.03.09

淡路島の南約4.6キロのところに沼島という島があります。この島が、古事記・日本書紀にいう伊邪那岐・伊邪那美の二神が国生みのために降りたったおのころ島だという。

おのころ島伝説は、淡路島本島やそれ以外の各地にもあり、古今諸説はまちまちであります。

山上にあるおのころ神社 二神

伊邪那岐命の記紀によりますと、国生みの後も多くの神を生み、その中の天照大御神に後の国治めの仕事を任せて、最初に生んだ淡路島に隠れてこの世を見守ったという。その隠れ地だと伝えられるのが伊弉藷(いざなぎ)神宮であります。

おまけ

元祖 はも料理の木村屋です

インフォメーション

© 2021 ツトウ歯科医院