診療案内

予防歯科

「歯医者に行こう!」と思うのはどういった時でしょうか?
歯が痛い、歯茎が腫れた等お困りの時ですか?定期検診の時期になったからでしょうか?
実は定期検診を受けている人の方が、定期検診を受けていない人と比較するとご自身の歯を多く残せています。「歯を失う原因」は7割以上をむし歯と歯周病が占めており、老化などの年齢は関係ありません。むし歯や歯周病は予防することができます。「痛くなってから歯科受診」ではなく、「予防のために歯科受診」が習慣になると健康を保つことに繋がると考えています。

予防歯科のメリット

治療を繰り返さないために

せっかくむし歯や歯周病の治療を行っても、適切なケアを行わないと、また新たなむし歯や歯周病を生んでしまいます。治療を繰り返さないためにも、適切な予防が大切です。

むし歯や歯周病などを早期発見できる

初期のむし歯や歯周病などは、自覚症状が乏しいため気付きにくいのです。定期検診の際にむし歯や歯周病を初期段階で早期発見できると、治療回数や費用を減らすことができます。

認知症予防

美味しい物や好きな物を食べる事は、日々の生活の中で楽しみの一つである方が多いのではないでしょうか。しかし、歯の調子が悪いと、上手く噛めず食事がつまらなくなってしまいます。認知症の患者様は、歯が少ない人が多いという報告があります。よく噛んで口を動かすことは、脳の活性化・認知症予防へとつながります。

子供の頃から予防習慣ができる

乳歯にむし歯が多い子は、永久歯にもむし歯が多くなる傾向があります。そして、歯科受診がトラウマになると大人になっても通院しにくいと感じてしまいます。子供の頃からお口の中を健康に保つ習慣がつくと、むし歯や歯周病で歯を失わないように予防できる可能性が高くなるので、子供の頃からの習慣作りが大切です。

セルフケアとプロフェッショナルケア

予防方法は、ご自身が毎日自宅で行う「セルフケア」と、歯科医院で定期的に行う「プロフェッショナルケア」の二つがあります。どちらか一つだけを行えばいいというわけでなく、両方を行うことで大いに予防効果を期待できます。

当院で行うプロフェッショナルケア


  • お口の検査

    正確にお口の状態を把握するために、必要に応じて歯茎の検査やレントゲン撮影等を行います。

    歯磨き指導

    検査結果をふまえ、一人ひとりのお口の状態に合わせたケアの方法を、キャリアの豊富な歯科衛生士よりご提案致します。

    歯石取り(スケーリング)

    歯石には歯周病の原因菌が含まれており、硬いため歯ブラシでは除去できません。専用の器具を用いて、丁寧に歯石を除去します。
  • PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

    歯ブラシでは除去できない汚れ、プラーク(歯垢)の元になるバイオフィルムなどを、専用の機器を使用して除去します。茶渋などの着色も除去できるので、本来の歯の白さに戻ります。フッ素含有の研磨剤を用いるため、定期的に行うことにより予防効果が期待されます。痛みはなく、歯の表面がツルツルになるので爽快感があります。

    その他

    歯を強くするためのフッ素塗布、 お子様のむし歯予防のシーラント、食生活へのアドバイスなど、必要に応じて行います。

ご自身で行うセルフケア


  • 歯ブラシ

    歯ブラシの毛先が開いていると、磨きたい部位に毛先がしっかり当たらないため、汚れが除去できません。歯茎を傷つける可能性もあります。毎日しっかり磨いていても、歯並びや磨き方によっては、実際には汚れが残ってしまうことが多くあります。歯科医院で自分に合った方法を聞いて、正しい歯磨きを行いましょう。
  • フッ素配合の歯磨き粉

    フッ素は歯を強くするので、むし歯予防に効果的です。フッ素配合の歯磨き粉を使用しましょう。

    フロスや歯間ブラシなどの補助器具

    歯と歯の間は歯ブラシが当たりにくいので、フロスや歯間ブラシなどの補助器具を使用すると効果的です。間違った使用方法は歯茎を傷つけることもあるので、歯科医院で自分に合った補助器具の選び方や使い方を聞いて正しく使用しましょう。

診療科目

ツトウ歯科医院では、笑顔を忘れず、まごころを込めて、患者様一人ひとりに合った最良の医療をご提案致します。
© 2021 ツトウ歯科医院