院長ブログ

オレオレ詐欺に注意!

投稿日:2019.07.29
支払いはしませんでしたが、きわどく難を逃れました。
今時の手法を紹介します。

初めに騙されやすい要因があります。
①私は機械に弱く、家族知人間しか携帯電話を利用しない。
②業者(○×広告など)への振り込みが遅く、催促状が届き、相手先によく電話確認することがある。
③約15年前にハガキによる架空請求通知が来たことがある。

土曜日の20時頃帰宅前に何気なく携帯電話を見ますとSMSに「ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。本日中に06-6155-××××お客様サポートセンター迄ご連絡ください」と入っていた。
これを見た瞬間
①オレオレ詐欺だ。
②この時間からの振り込みはないから確認してみよう。
③誰かに相談したいが誰もいない。
④ブログのネタになるかな。
などなど頭によぎりながら電話をしてしまった。(これがそもそもの誤りだった)

これから1時間以上の電話のやり取りがあり、いい加減疲れてしまい、どのように決着しようか迷いながら相手のペースにはまるのでした。

相手からの巧みな罠にはまってしまう手口とは(略)

①本人確認をしないと詳細を教えられないという。
生年月日などを拒否し続けると、不払いが1年以上経っていて民事裁判申請手続きの直前に、私どもがお客様のために前もってサポートしているのだと私の心理を突いてくるのです。

②オレオレ詐欺の手口と似ていると言うと。
私どもはオレオレ詐欺ではありません。
こちらは何の利益もない。
お客様のサポートだと強調してくる。

③どこの業者か知りたくなり相手に応じると。
身に覚えのない会社名を告げられる。
携帯をほとんど使用しないから全くあり得ない話だと言うが、誤操作・ハッキングの類でもたとえ話をあげて、今回の29万円を支払えと言う。
当社は○○会社から依頼されたお客様サポート~
今までの例ではほとんどお客様の負けで、その場合は裁判費用含め80万円のお客様負担となる。

④さらに心理をついて保証協会を紹介してくるのです。
お客様の場合の様にたまたま誤操作によるものだと判断された場合、95%の返金があると言う。
電話での話であって振り込んだ後、ドロンされる危険があるのでFAXで内容証明を求めたが、応じてもらえず。

⑤この後も色々とあるが、押し問答となる。
長時間のやり取りの末、「そんなお金を今すぐ用意できるわけがない」と言うと「手元にいくらあるか」と聞かれ「1~2万円」と答えた。
すると「今、2万円支払って、残りは後日すぐ支払うということで手続きします」という。
具合に話が進む。(これで相手はしめたと思っただろう)

⑥手続きとしてセブンイレブン以外のコンビニを聞かれる。
加古川のローソンと答えるとある店舗を指定される。
「支払い方法を説明するから駐車場に到着したらTELするように」と言われる。「わからなかったら店員に聞くから」と答えると「個人のことなので~」と困惑気味。

⑦店内に入りコピー機などの周辺をウロウロ
そして電話をかけて支払い方法を尋ねると○○カードを探せというので店員に○○カードの場所を聞く…
私の一連の不審な行動を見た店員は警察に連絡する。

⑧店内で支払いをためらい会話していると若い警察官が入ってくる。
頭を整理する有無を告げ、テーブルに携帯を置き、店外へ出る。
もう一人の警察官に事情を説明すると、私の携帯を取り上げて二人の会話がが始まる。
「お前は誰だ、どこから電話してるのだ」と聞くと相手もびっくりして「お前は誰だ」と聞く。
「警察だ」と答えるとプツンと切れた。

詳細なやり取りは記載していませんが流れは真実です。

池上彰のテレビ番組によると特殊詐欺の被害額は
平成16年 約283億円
平成21年 約 90億円 対策を強化したので減
平成30年 約356億円 手口の巧妙化で増加

毎日、日本全国のどこかで約1億円騙し取られているのです。

騙される奴は馬鹿だなと思っていたのですが、一瞬の魔が差して電話をしてしまった。騙されるほうにも要因がある。(私の場合相手先に電話する習慣)
後から反省すると、おかしなところが数々あります。
長時間に渡ると頭が疲労してきて正常な判断ができなくなるのです。

私は守られていた!
コンビニの店員の判断がよかった(あらかじめ警察指導されていた)
そして何よりも詐欺犯と会話をした警察官は私の患者だったのです。
翌日午前にアポイントが入っておりその話に盛り上がりました。

インフォメーション

© 2021 ツトウ歯科医院