院長ブログ

阪神タイガース沖縄キャンプ

投稿日:2015.03.18
 
パンフレット
29年前、羽田に迎かう途中で乱気流に突入し、何度も強く恐い衝撃を経験しました。
それがトラウマとなり、以来ずっと飛行機に乗れず、阪神タイガースの沖縄キャンプにはなかなか行く気になれませんでした。
今年は創設80周年なので、思い切ってキャンプ見学に飛びました。

ツアーの仲間や現地で知り合ったファンは、サインがほしいから沖縄まできたのだという声が圧倒的でした。そして、期待を裏切られた思いで皆さん帰っていったと確信しております。阪急交通社の職員さんは「球団としては選手にサインに応じるように声かけてます」と言ってますが、実態は、、、

サインを求めて並んでいるロードでは、主力選手の素通りが多かったですね。
能見さんと外人選手は快くサインに応じて頂けますが、なかには「何様なの」という態度をされる主力選手もいます。

私のプッツン事件です!
ローテーションにはいる選手が、風呂あがりでエレベーターに近づいてきました。
女性ファンがサインを求めると護衛さんが止めに入りましたが、その選手は
「いいですよ、エレベーターが上からおりてきてドアが開くまでですよ」と言いサインを書き始めました。せっかくだから阪神のロゴマークの入った色紙のセロハンを破っていた時、ドアが開きました。
すると私のサインを拒否し、エレベーターに乗ってしまいました。
あと私だけで、誰も待っていないのに!なんでやねん!

1
7-12
13-17
バッテリーを集めての講義をされました。沖縄の新聞によりますとピンチでマウンドに上がる際の心構えで「開き直りは駄目だ」と。
広島時代の日本シリーズで9回無死満塁の窮地をしのいで語り継がれる「江夏の21球」も「開き直りはしない。俺はゼロで抑える」という気持ちで投げたという。

サンケイスポーツで江夏氏と山田氏がエースについて論じていました。
本物のエースってのはチームに一人でいい。しかも、内外から「エース」と認めてもらわなあかん。勝った時には記事にならない。エースは勝つもんだから。
江夏が負けた、山田がやられた…、この時に記事になるもの。藤浪はまだ、まだ、まだだ。
技術、精神、すべての面でまだまだ。でも、本人はわかっているんじゃないか。

江夏氏は「エースの条件」としての
(1)15勝 (2)シーズン220投球回 (3)12敗以下の3カ条を揚げた。
これに対し藤浪は「現実的には難しいと思いますが220投球回くらい投げれるに越したことはない。期待してくれているという意味で捉えています」と感謝し、
「現状に満足せず、さらに上を目指す」応じた。

まもなくプロ野球が開幕します。今年の阪神タイガースは球団創設80周年で期待されていますが、和田監督をはじめほとんど補強なく、顔ぶれは去年と同じです。昨シーズンをふり返ってみましょう。一時は巨人に0.5ゲーム差まで何度も詰めよりましたが、9月上旬に6連敗を喫っし、そこから監督への批判が飛び出しました。3位かBクラスなら解任の予定でしたが、広島が最終戦で巨人に敗けたので和田監督の続投となりました。そして宿敵巨人に4連勝して、日本シリーズの切符を手に入れました。危機を乗り越え、プロ野球という契約社会の超実力主義、超現実主義を痛感したのでしょう。失点を防ぐ処世術だけでは通用しないことを自身が剣が峰に置かれて知ったのでしょう。CS第一ステージから和田監督の采配に捨て身がみられた。勝負師としての新たな境地に達っしたのであれば、今年は昨年とは違った味が見られるかもしれません。でも、オープン戦では打てないですね!

おまけ
昨年、ある新聞で読んだ記事です。
監督が気の毒でしょうがない。アメリカ帰りや他のチームの4番を頭を下げて集団していただいた補強の弊害で、選手に強く物が言えない。ナメられてしまう。そこに甘くなれば、生え抜きの主力選手にも甘くならざるを得ない。これはフロントの責任でもあります!
私が見てて感じますのは、真弓監督就任一年目頃から選手の立場が強くなり、このパワーバランスは和田監督時代にも引き継がれています!

「安全」と「臨場感」
東京ドームなどでグラウンドにせり出したネットのない席を設置
札幌ドームでもないやフェンス上の防球ネットを外す(2006年)

2010年札幌ドームの内野席で観戦中に、ライナー性のファウルボールが顔に直撃し右目が失明しました。札幌地裁は、大型ビジョンなどで注意喚起するだけでは不十分で、球場の設備は安全性を欠いていたと指摘した上で4650万円の賠償を命令しました。

選手と一体感というか、臨場感を味わうためには、グランドの様に何もない方がいい。
私は甲子園球場で金本選手の折れたバッドの先がグリーン席に飛んできて男性の足に直撃したのを見ました。野球場は迫力と危険が同居する場所です。

昨年、甲子園球場の大型ビジョンで流れていました

追加1

 

インフォメーション

© 2021 ツトウ歯科医院