院長ブログ

2013年 野球の総括編

投稿日:2013.12.12
なんでやねん! 001阪神が日本一の時は、新聞5社ともトップだったのに楽天が日本一の時は、報知は巨人にこだわった。
楽天 9年の奇跡 ディリースポーツ  9/27~10/3

急速な進歩で発展を遂げたIT企業で、簡単にトップをすげ替える論理が野球でも行われた。
三木谷オーナーは、「田尾監督は素晴らしいが、このままでは、2、3年後も強くならない」と改革を進め、短期間で強くするために心を鬼にして、解任を決め、野村監督を招へいへと動き始めた。

チームの中心は、エースの岩隈と主砲の山崎だが、将来を見据え、「中心」に育てようとしていたのは、間違いなく田中と嶋だった。田中がプロ2年目を迎え、野村監督は、口酸っぱく「原点能力を磨け」と言い聞かせた。
「投手の原点は外角低めの直球。凡打になる確率が最も高い。困ったら原点だよ」と教えた。
嶋を評価したのは頭脳だった。中学時代の通知表はオール5。ヤクルト時代の古田敦也と同じようにベンチでは、近くに座らせ、配球論を伝授し、配球ミスでしかられ、攻撃の間はベンチで立ちっぱなしの説教。
ほぼ毎試合、くり返された光景だった。「中心なき組織は機能しない」

野村監督は当時74歳と高齢で、健康面にも不安があり、さらに一部の主力選手が痛烈な「ぼやき」に反発し、求心力も低下。
夏場には、球団は新監督の招へいに動き始めた。
チームの合言葉は「勝って監督に花道を」だが、CS初出場が現実味を帯びてくると色気を見せ始め、現場への強いこだわりが闘志をかき立てた。CS第4戦で終戦を迎え、球団は、コーチ陣も大幅に刷新し、野村色を一掃した。自走するチームを作りたい。そして、ブラウン氏を迎えた。

CS進出の翌年に最下位に沈んだことで、2年契約のブラン監督を一年で解任、星野監督が誕生する。2011年3月11日、東日本大災害が起きた。チームは明石でオープン戦に臨んでいたが8回で試合中止した。誰もが混乱した。
震災後「野球などできる状況ではない。帰って何かをやってあげたい」という選手と
「野球で勝って元気づける」と主張する星野監督で意見が分かれた。両者の溝は最後まで埋まることなく、終始低迷の中5位でシーズンを終えた。

コミュニケーションがチームを変えた。星野監督はオーナーと球団社長と3者会談し「安物買いの銭失いはやめましょう」と呼びかけた。
これまでリーズナブルな助っ人を何人も在籍させ、そのほとんどが期待を裏切った。
それなら少数でも確実に成功する大物を獲得しようと訴えた。獲得したのはメジャー424本塁打のジョーンズと前ヤンキースのマギー。今季の躍進の原動力はまちがいなくこの2人だった。
今までの外国人とちがい、何かあつたらオレに話をしに来る。また選手が通りかかれば、闘将の方から何かを語りかけるシーンが増えた。ささいな内容でも会話の場面が多くなり、
この十分な意思疎通が、震災によってできた選手との溝を解消させ、チーム力を高めた。

それは現場に限らず、球団のまとまりも強くなった。
東北全体で熱をおこすために各地で野球教室などを行った。積極的に関係者と食事に出かけ、アイデアを募り、「それいいじゃん」となれば、すぐに行動をおこす。本気で優勝を目指す立花球団社長の熱意と球団の一体感が随所に見えた。

勝敗に関わらず、常に怒号が飛ぶベンチに選手は戸惑っていた。
だがそれに耐え、その中にある優しさに気づくようになった今年、ナインは強くなった。
かつて衝突した嶋は「今年は監督を胴上げしたい」と開幕前に明かした。3年間に初めて口する指揮官への思いだった。

002003010
あぁ、阪神タイガース
大失速呼んだ監督の失言 8/27から巨人戦で3連敗を喫した後、和田監督は「まだ終わったわけじゃない。悪い流れを断ち切るゲームをしていきたい」とファイティングポーズを崩さなかった。数字は優勝が絶望的であることを示していた。9月上旬、某選手に対し、「2位は絶対死守せんといかんから」という言葉を発していた。現場トップの言葉が持つ意味合いは、ほかの誰よりも重く、選手の士気にもかかわってくる。

また島谷に送りバンドを命じ勝利は収めたたが、虎将は島谷の表情(納得いかない不服そうな色に映った)が気になっていた。
事後処理を自ら行わず、コーチ陣に「フォローしといて」という言葉を残して任せた。
出るべきところは出て、言うべきところは言う。
監督が発する言葉というには、とてつもなく重いのである。
デイリースポーツ 10/17

CS第一戦の先発はルーキー藤波 中西コーチによると広島との相性や前田健に投げ勝った実績。さらに藤波は日本の顔になっていかないといけないピッチャー。これから、ああいう投手を相手に投げ勝たないといけない。将来の阪神を背負う、球界を代表するエースになるべき男にあえて試練を与えた。
藤井彰捕手は楽天田中のルーキー時代を知っており、同等の評価を与えた。タイプの違いはあるけど同じより楽しみだと。
日刊スポーツ 10/16

中田良弘によるとエースを使わないCSなどあり得ない。
結果的に初戦の藤波先発は間違いだったと思う。マエケンだから負けてもいいとか、2.3戦目で勝てばいいなどいう考えが甘すぎる。エース能見が投げられない短期決戦などあり得ない。エースの自覚を持って一年間戦ってきた能見の気持ちはどうなのだろうか。そんなに簡単に勝てると思ったのか。
ディリースポーツ 10/14

004来年以降に期待してまっせぇ
数年前に知り合い 診療所に来られたこともあります。
掛布さんが着用していたユニホームなんですよ。
スペース11ダルビッシュミュージアム 神戸市中央区山本通り1-7-16
078-291-4515
005 006
ダルビッシュの原点。 1993年
土日の休みが消え、夏休みが消え、冬休みが消え、友達が遊んでいる時に練習していた。だからこそ今がある。

1999年
世界一のピッチャーなるようにひたむきに前だけを向いてやっていきたい。

2004年
僕はスポーツに関しては、50%の努力と49%の頭脳と1%の才能が必要だと思っています。

2005年
練習は嘘をつかないって言葉があるけれど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ。

2012年
追い込まれれば追い込まれるほど、楽しくないですか?

2013年
どこでいつ投げると言われても自分はベストを尽くすだけですから。

007日本で数々の実績を残し、海を渡ったダルビッシュ有。その原点は、父とともに訪れた神戸にあるスポーツクラブKR&ACだった。
落合博満 野球記念館 和歌山県東牟婁郡太地町字神の浦1099-5
0735-59-3266
008 009
落合と南紀太地の出会いは、トレーニングで初めてこの地を訪れたときに始まりました。
以来、北国生まれの落合にとって、さんさんと陽光が降り注ぐここ南国の地は第二の故郷。
野求人としての落合がグランドに在るなら、ここには、ユニホームを脱いだ人間・落合、自然人・落合の姿が在ります。南紀太地の大いなる自然は、落合のパワー充電もの場であり、心なごむプライベートゾーンであるのです。
ユニークな六角形の記念館は落合の背番号「6」にちなんで設計されたもの。前庭には野球教室も開けるミニグランドが広がっています。エントランスを入ると500を超えるトロフィーが並び落合博満の栄光とその野求人生のすべてを物語ります。

おまけ 012
いずれ医療特集編で公開する予定でしたが、データが古くなるので今回に載せました。
平成23年6月診療分

インフォメーション

© 2021 ツトウ歯科医院