お口の豆知識

電動ハブラシの種類って?

投稿日:2022.10.07
こんにちは。加古川・高砂市の歯医者さん、ツトウ歯科医院です。お口の豆知識を見て頂きありがとうございます。

夏日から一気に肌寒くなりましたね。気温の変化で体調を崩さないように気を付けてください。

前回は電動ハブラシと手磨きのメリット・デメリットをお伝しました。電動ハブラシにはいくつかの種類がありますので今回は電動ハブラシについてお伝えをしますね。

電動ハブラシの種類

電動式ハブラシ

1分間に2,000~1万回程度、機種によってさまざまに振動します。毛先が歯面に上手く当たるとプラーク除去効果は高く、ブラッシング時間の短縮にもなります。
使い方としては、歯の面に合わせてゆっくりと動かして、軽いタッチで行います。手用ハブラシのように動かす必要なく、一か所数秒ずつ当てましょう。
ハブラシの毛先が回転するタイプもあり、歯の裏側や奥歯にも嵩気が届きやすいという特徴があります。

音波ブラシ

動力がリニア駆動タイプで1分間に3万回程度。ヘッド部分から音波振動が発生し、その振動によって発生した細かい泡でプラークを除去しますそのためハブラシを水で濡らしてから使うと効果的です。
使い方は、電動ブラシと同じで、ハブラシを動かすようなストロークは必要がなく、毛先が触れる程度の軽いタッチで少しずつ動かして使います。

超音波ブラシ

動力は超音波振動で、1分間に100万~150万程度の振動で、歯垢付着のもととなる不溶性グルカンを破壊します。また、口腔内細菌に直接作用破壊するともいわれています。使い方は、手用ハブラシのようにハブラシを小刻みに動かして磨く必要があります。超音波の効果で、歯からプラークを浮き上がらせて除去するとともに、口腔内の細菌同士の結合力を低下させるので、歯垢除去能力が音波ブラシよりも強いと言われています。
電動ハブラシを正しく使っていても、すべての歯垢を落とせるわけではありません。歯と歯の間はブラシの毛先も届かないため、電動ハブラシを使っていても、フロスや歯間ブラシの併用をお勧めします。

様々な種類がありますのでポイントをしっかりと確認し、活用してくださいね。

ツトウ歯科医院

診療時間日・祝
9:00 - 13:00
15:00 - 19:00
18:00まで  小児歯科  休診日

インフォメーション

© 2023 ツトウ歯科医院