お口の豆知識

新型コロナウィルスの悲劇

投稿日:2020.12.28
新型コロナウィルスの影響は数えきれないほどあります。その中でも私たち歯科に関するもので、特に女性に知っていただきたいことをご紹介していきます。

予防と言えば手洗いマスクは欠かせませんよね。マスクをするとお顔の半分以上が隠れるわけです。私自身、お化粧の使用量がかなり減りました(笑)。人と接することが減り、家からも出ることが制限されていると必然的に起こるのは「たるみ」です。口腔周囲筋の動きが減少し、衰えてきます。そうするとフェイスラインやあご周りたるみ、ほうれい線などが目立つようになります。これが進行し、シワやたるみがどんどん悪化すると戻すのが大変になります。

以前にご紹介した「あいうべ体操」や、歯肉と頬の境目に舌を入れ左右に大きくグルグル回す体操、頬を強めにあっぷっぷ~と膨らませる体操など、舌や頬を積極的に動かしましょう。早いうちであれば改善しやすくなりますよ!マスクの中なら他人の目も気になりづらい今を逆手にとってお顔を鍛えましょう^-^
もう一つ、マスクをすると起こりやすいのが「口ポカン」です。人に見られている緊張感が緩んでしまいますよね。お口も緩んでしまうと口呼吸になりやすく、ウィルスや菌や鼻のフィルターを通すことなくダイレクトに体への侵入を許してしまいます。口腔内が乾燥すると細菌やウィルスたちが繁殖し、免疫が下がり、歯肉が腫れたりむし歯になりやすくなります。予防のためのマスクが余計に悪い方に影響してしまうなんてもったいないですよね。ただ意識をするだけでしっかりコロナもたるみもむし歯も予防できますので、今のこの時をなんとか乗り切っていきましょう!

インフォメーション

© 2021 ツトウ歯科医院