講習会

院長は講習会マニアで、ほとんどの休日は勉強しています。自分に厳しい為、衛生士にも学習を求めてくるのです。
昨年一年間で、活動的な衛生士は10回以上、控え目な衛生士でも3回出席しました。
院内の勉強会はもちろんで、他の勉強会でも発表する機会がありました。

歯科医院におけるDHの役割についての学び

WHO(世界保健機関)の目標は、「口腔の健康を守るのは自らの責任であり、痛くなってから歯科受診するのではなく、日常から注意を払い口腔ケアを定期的に受けること」です。
この事に、歯科衛生士として、何ができるか改めて考えさせられるセミナーでした。

歯周病は細菌が原因、病気の原因となる細菌を取り除く必要がある。しかし、その細菌を付きにくくするための食生活も大切。それらをどう伝えていくか、どう取り組めば当てはめ実施して頂けるか、まだまだ学びの深い仕事だと思いました。

そして、まず「主原因となる細菌に立ち向かう為、どう患者様の意識に働きかけることができるか」にトライした、緊張と課題を感じる。

「セミナー卒業プレゼンテーション」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA