院長ブログ

ワクチン2回接種率

投稿日:2021.09.30
加古川・高砂市のツトウ歯科医院です。ブログを見て頂き、ありがとうございます。

ワクチン2回接種率はアメリカに追いつく勢いであります。ワクチンの効果(2回接種)は感染・重症化・死亡リスクの減少ですね。
では人々の意識はどうでしょうか?(7月首都圏 20~60代 約3100人)
「自分が新型コロナに日常生活で感染すると思うか」の質問に対して思わない・あまり思わないと回答した比率は
年齢男性女性
20代43%42%
30代41%45%
40代52%48%
50代55%60%
若者より40代50代の方が意識が低い。夜6~8時の人出は若い人より40~60代が10%も多い。

デルタ株は従来型よりも

感染力:約2倍
ICU必要:約3.34倍
死亡:約2.32倍
感染判明時のウイルス量:1200倍
デルタ株は増殖して感染が広がりやすい(空気感染する可能性も否定できない)

ワクチンができたのはデルタ株出現の前ですよね。ワクチン2回接種はデルタ株にどれくらい効くのか?
感染予防重症化予防
ファイザー42%75%
モデルナ76%81%
デルタ株にはモデルなの方が効果あり?

集団免疫

人口の多数が免疫を持つと他の人に感染しづらくなる。従来型では人口の6~7割と言われていたがデルタ株出現で8~9割以上とも言われている。他国のワクチン接種率の壁が7割からすると集団免疫は無理かな?

ワクチンの効果は長続きしない人も

ワクチンによるIgG抗体価の変化(平均値)
接種前1回目接種2回目接種接種3カ月後接種6カ月後
0.111.8245.465.9
ピーク時の約25%
16%

ワクチン効果が下がりがちなのは?

男性 60代70代(年を取ると刺激に対して体の反応が弱くなる)
肥満やせはほぼ変わらない(肥満は重症化リスクあり)
飲酒(毎日)は飲まないに比べ抗体価は約20%減(週2~3日ならほぼ変わらない)

抗体が減るならワクチンの意味がない?

十分な抗体があるとみられている。感染して出来る抗体は多いとみられる。発症や重症化を防ぐ効果は維持。
でも減ってくると心配になる人もいるでしょう.

3回目接種による中和抗体(2回目接種後比)
従来株ベータ株デルタ株
5~10倍18~55倍(5倍以上)65~85倍(11倍以上) 
ワクチン3回接種でより予防効果が期待。2回接種して8ヶ月経過した人々の希望か?

コロナ後遺症

年齢別後遺症の有無の割合
10歳未満 14.3%
10代 30.2%
20代 46.6%
30代 53.0%
40代 54.2%
50代 54.6%
60代 47.2%
70代 40.8%
80代 34.9%
90代 29.1%
症状別の割合
味覚障害:54%
全身倦怠感:50%
嗅覚障害:45%
咳:34%
息苦しさ:30%
頭痛:25%
集中力低下:24%
関節の痛み:20%
脱毛:18%
睡眠障害:17%
記憶障害:10%
結膜炎:6%
10代~30代:味覚障害が最も多い(約30%)記憶障害も10%強
40代以上:倦怠感
80代:3割近くは睡眠障害・記憶障害

よく耳にするのがブレークスルー感染

2回目のワクチン接種を終えて2週間経過した後に陽性が判明。症状がほとんどないとか軽症なのでなかなか発見するのが難しい。打った人がブレークスルー感染して他人にうつす可能性があるということです。
12月ごろの第六波ミュー株に対する中和抗体の効果は1/7に落ちると聞きます。ワクチン接種が進んでもまだまだ油断できない。収束するまであと2~3年かかるとも言われています。

池上彰のニュースそうだったのか!?(9/11)などから引用

ツトウ歯科医院

診療時間日・祝
9:00 - 13:00
15:00 - 19:00
18:00まで  小児歯科  休診日

インフォメーション

© 2022 ツトウ歯科医院