院長ブログ

文学作品

投稿日:2016.04.02
診療所から車で5分以内のところに図書館ができました。まだ一回しか行ってませんが、デイリースポーツの保存に喜びました。阪神タイガースの情報を得るのに助かりますね。
013012
001近頃の子供は本を読まなくなったと耳にします。以前テレビで、「脳科学が迫る読書の効果(酒井邦嘉教授)」を放送していました。
本を読むという行為は決して情報を得たいというためにやるわけではなくて、むしろ「自分の中からどの位引き出せるか」という営みなのです。
視覚的に映像を頭の中に想起するとか、自分で得られた情報から更に自分で自分の考えを構築するというプロセスがはいってくるので、人間の持っている創造的な能力がフルにいかされることになるそうです。
001002003
画像をクリニックすると拡大します。

女性セブン4月28日号 引用

文字・活字文化推進機構理事長の肥田美代子さんのため息 「人が生きるためには言葉の力が必要です。それは読む・書く・話す・聞くという4つの力です。これらの力は幼い頃の読書体験で身につけることができます。しかし…」
「子供の言葉によるコミュニケーション能力が貧困になった」

精神科医の和田秀樹先生の警鐘 「若い世代がSNSで短い文章に慣れてしまい、長い文章を読む経験をしていないのは怖い事です。ぼくの短めのブログでさえ、高校生や大学生は長くて読めないと文句を言います。短文SNSの一行情報だけで納得していると読解力が育たず、物事の全体像や裏側にある複雑な事情を把握できなくなるおそれがある。幼いころから長い文章を読む習慣は大切です」

全国大学生生活協同組合連合会調査(2月) 一日に本を全く読まない 45.2%
30分以上60分未満 23.3%
30分未満 10.6%

正月番組で、坊っちゃんが放送されていました。今年は、夏目漱石、没後100年だそうです。

明治28年当時の松山は、近代教育を受けた江戸っ子漱石の目から見れば、「坊っちゃん」の舞台にころあいのいなか町であったに違いない。
教育が生きてフロックコートを着たような狸校長、卑劣な好物赤シャツ、軽薄でお世辞屋の野だいこなどの登場人物や小生意気で頭の悪い生徒たちを相手に展開する坊っちゃんの行動は当時の松山の風潮に対するある種の批判であったともいえよう。
しかし、坊っちゃんの正義感と淡白な一本気は、地域を越え世相を越え世代をも超越して痛快軽妙である。
野蛮なところ、不浄な地と言われても、松山人が「坊っちゃん」をこよなく愛する理由もここにあります。
002003
小学校の頃に学んだと思いますが、有名な文豪たちの名作を覚えていますか?
(解答はおまけを見て下さい)

A群 1.伊藤左千夫2.森鴎外3.樋口一葉4.尾崎紅葉5.与謝野晶子6.島崎藤村7.夏目漱石8.石川啄木9.高村光太郎10.芥川龍之介11.志賀直哉12.宮沢賢治13.川端康成14.谷崎潤一郎15.太宰治

B群 a.雨ニモマケズb.一握の砂c.たけくらべd.智恵子抄e.阿部一族f.人間失格g.吾輩は猫であるh.羅生門i.金色夜叉j.細雪k.城の崎にてl.乱れ髪m.夜明け前n.伊豆の踊子o.野菊の墓

正岡子規(松山市立子規記念博物館089-931-5566)

明治を代表する文学者で俳句や短歌、小説、随筆などの創作活動で日本の近代文学に大きな影響を及ぼした。若くして病に冒され(肺結核)病床でも作品を作るなど文学史に残る名作を多く遺しています。
004006

与謝野晶子(さかい利昌の杜072-260-4386)

多くの詩歌集を出版し、また「源氏物語」の現代翻訳や、社会問題、教育問題にかかわる評論活動まで行い、明治大正昭和という激動の時代にあって、常に新しい世界に挑戦し、表現し続けた晶子の姿を紹介する文学館です。
011

谷崎潤一郎(芦屋市谷崎潤一郎記念館 0797-23-5852)

014007
谷崎潤一郎旧邸
倚松庵
神戸市東灘区住吉東町1-6-50

司馬遼太郎(司馬遼太郎記念館06-6726-3860)


008009

おまけ

1伊藤左千夫 o野菊の墓
2森鴎外 e阿部一族
3樋口一葉 cたけくらべ
4尾崎紅葉 i金色夜叉
5与謝野晶子 l乱れ髪
6島崎藤村 m夜明け前
7夏目漱石 g吾輩は猫である
8石川啄木 b一握りの砂
9高村光太郎 d智恵子抄
10芥川龍之介 h羅生門
11志賀直哉 k城の崎にて
12宮沢賢治 a雨ニモマケズ
13川端康成 n伊豆の踊子
14谷崎潤一郎 j細雪
15太宰治 f人間失格

インフォメーション

© 2021 ツトウ歯科医院