お口の豆知識

歯が削れる!? ~摩耗症~

投稿日:2022.04.08
こんにちは。加古川・高砂市の歯医者さん、ツトウ歯科医院です。お口の豆知識を見て頂きありがとうございます。

歯が削れている!?(Tooth Wear)

4月から新生活が始まり、忙しい日々を送られている方やこれまでと変わらない環境の方もいると思います。新年度も頑張っていきましょう♪
今回はTooth Wearの摩耗症についてお話をしますね。

摩耗症(まもうしょう)

摩耗症とは歯と歯の接触以外で歯が削れる症状のことを言います。研磨性の強い歯磨剤を用いた過度のブラッシング圧で歯が削れる場合や職業と関係していることがあります。ハブラシによる摩耗症は、犬歯や小臼歯の部分に見られ、歯と歯ぐきの境目のエナメル質が削られている状態が多いです。

原因とは

ブラッシング

・研磨剤配合の歯磨き粉
歯磨き粉の中には研磨剤という小さい粒子が入っています。特にタバコのヤニや着色汚れを除去する物には新井カンマ材が入っているものが多く、長期的な使用で着色だけではなく歯の表面を覆うエナメル質を削り落としてしまうことがあります。
 
・ハブラシの硬さ・持ち方
ハブラシの毛が硬い方が汚れを除去できそうですよね?硬いスポンジでガラスコップをゴシゴシこすると細かな傷が入りますね。
長期的に硬いハブラシで磨くとそれと同じことが歯にも起こりうるのです。
何気なくハブラシを持っている方が多いと思いますが、ハブラシの持ち方も関係があります。ハブラシをグーで握るように持つと力が入ってしまうので、可能であれば鉛筆もちで優しく持つようにしてください。

・ブラッシング圧
一生懸命に歯を磨くと無意識に力が入ってしまいます。強く磨くと汚れが取れるというわけではなく、重要なのはハブラシの当て方です。強い力でゴシゴシ磨くとエナメル質が削れてしまう原因になります。

職業的要因

大工さんや家具職人のように釘を歯に挟んで仕事を行う方やガラス職人のように工具が歯に当たるなど、長年習慣的に歯以外のもの接触すると歯が削れる原因になります。

予防方法は?

原因をはっきりとさせそれによる対策を行っていく必要があります。ブラッシングが原因であれば、まずもハブラシの硬さを確認しましょう。基本的には「普通」をお勧めしますが、お口の中の状態にもよりますので歯科医院を受診された際に聞いてみてください。ブラッシング圧は150~200gが理想とされています歯に当てた時、毛先が広がらない程度が目安です。

ツトウ歯科医院

診療時間日・祝
9:00 - 13:00
15:00 - 19:00
18:00まで  小児歯科  休診日

インフォメーション

© 2022 ツトウ歯科医院