お口の豆知識

歯の着色気になりませんか?

投稿日:2021.10.17
こんにちは。加古川・高砂市の歯医者さん、ツトウ歯科医院です。お口の豆知識を見て頂きありがとうございます。

10月になり朝晩は涼しく、お昼間はまだ暑いですね。この時期は気温差で風邪をひかないように気を付けてください。皆さんは鏡を見た時に「歯が黄ばんでいる」「お茶やコーヒー着色がまたついている」など色素沈着が気になったことはありますか?これらのことを少しでも防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか。今回は歯の着色についてのお話をします。

歯の着色する原因とは?

しっかりと歯磨きをしても、毎日の飲食により歯は少しずつ汚れていきます。飲食物や嗜好品の中でも特に着色しやすいものをご存知ですか?次に挙げるものが着色しやすいと言われています。
毎日ハミガキをしていても着色を予防できない場合の多い理由としては、単に汚れが付着しただけではなく唾液中のタンパク質と結びついて歯面に沈着してしまうからです。

歯が黄ばむのは飲食以外にも・・・

加齢と共に歯の表面を覆うエナメル質が薄くなることによって内側の組織である象牙質が透けて見えることで黄色っぽく見えます。また、抗生物質の種類によっては歯に着色を起こす副作用もあるそうです。

着色を予防しよう!

歯科医院ではPMTCというクリーニングがあります。セルフケアでは除去できない着色を専用の機械を使って取ります。毎日のブラッシングで着色を予防し、歯科医院での定期的なクリーニングを受けましょう。歯の着色除去・予防はもちろんですがお口の健康維持にも繋がりますよ。

ツトウ歯科医院

診療時間日・祝
9:00 - 13:00
15:00 - 19:00
18:00まで  小児歯科  休診日

インフォメーション

© 2022 ツトウ歯科医院