とっておきの歯科情報

歯は力持ちだけど…①

歯を失う3大原因をご存知ですか?

1位 歯周病:約42%
2位 むし歯:約32%
3位 破折(歯にひびが入ったり、折れたりすること):約11%
4位 その他

よく言われる歯周病、むし歯が多くを占めますが、意外と多いのが「破折」です。破折は誰でも起こりうることです。歯を守るために、定期健診をうけてくださっている患者様の場合、むし歯や歯周病で歯を失うリスクを減らすことができるようになってきました。そんな患者様でも破折で歯を失うことがあるのです。

今まで歯周病が原因で抜歯になったと思われていたものの中に、「力」の関与が疑われるものが多くあると考えられています。破折の多くは神経が死んでいる歯(神経を抜いてある)が圧倒的に多いですが、力がかなりかかる場合は神経が生きている歯でもおこることがあります。これは、歯の劣化(弱体化)が大きく関わっています。

歯にとっての神経は、血液や栄養分を送り、それにより歯は体の中で一番の硬度を保っています。しかし、むし歯などで神経が菌に感染すると、神経を抜かないといけなくなります。痛みはなくなりますが、同時に栄養が届かなくなり脆い歯になっていきます。


人間の噛む力は体重ほどと言われていますが、人によってはものすごく力を入れて噛む方がいらっしゃいます。ただほとんどの方が、自分の力の大きさには気づいていらっしゃいません。一番恐ろしいのは、毎日気づかない間に少しずつ歯に負担をかけてしまっていることです。歯はお食事で噛むこと以外にも、日中、夜間と使われているのですが、無意識なので気づかれることは少ないです。

朝起きた時に顎が疲れている・痛いと感じることはありませんか?偏頭痛がよくある、時々奥歯が浮いている感じがして噛むと痛いことがあるなど…。一概に歯が原因というわけではありませんが、「力」が関係している可能性があります。

気になることがあれば大事に至らないうちに歯科医院で相談してみてください。

とっておきの歯科情報一覧

傳(ツトウ)歯科医院
LINE@

診療日カレンダー

2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
休診日
日曜・祝日
傳(ツトウ)歯科医院

トップへ戻る